VAPE

バッテリーシュリンクのリラップ方法。やり方と注意点

投稿日:

どーもー。

最近は残業続きでVAPEのことが何もできないてつです。

ちなみに私の「VAPEのこと」とは、ビルドだったりVAPE関連のYouTubeを見たりだったり、他のVAPEブロガーさんの記事を読んだりとかです。

3月と4月はどこも忙しくなるから仕方ないですけどね。

 

みなさんはメカスコ使ってます?

私はここ最近、メカスコしか吸ってません。

なぜかメカスコにハマりだしてしまいまして。次にハマるのはきっとチューブMODなんだろうなぁと思う今日この頃。

 

メカスコにハマって分かったのは、バッテリーシュリンクが破れる破れる。

話には聞いてましたがここまで破れるとは思っていなかったので、早速購入しリラップしてみました。

バッテリーはまだ3本しか持っていないので、被膜が破れると2本で使いまわさなくちゃいけないので充電が面倒だったりするんですよね。

それにリラップしたバッテリーがMODに入っている写真って、かっこ(・∀・)イイ!!

ということで、今回はバッテリーのシュリンク(被膜)をリラップする方法をご紹介します。

玄人の方は既にご存知でしょうから、私と同じように初心者の方はきっと参考になると思います。

また、破れた被膜が原因でショートが起き、思わぬ事故に繋がりかねません。

VAPEはやっぱり楽しく安全に扱いたいですよね。

 

今回のシュリンクはオフィスエッジさんにて購入。

ちなみにこのシュリンクは、

  • 20枚入
  • 文字か書ける

ので大変便利です。

今回のリラップは、オリジナル感を出すためには避けては通れない道です。不器用なりに頑張ります!

やって気付いたけど俺って本当に不器用だな笑

必要なモノ

  • バッテリー
  • ドライヤー(またはヒートガン)
  • シュリンク
  • ステンレスはさみ

今回はSONY VTC5 18650バッテリーをリラップします。

また、ヒートガンがあれば狭い範囲に熱を当てれますが、そんなの家に無いのでドライヤーを使います。

注意ポイント

バッテリーが金属に触れてショートする恐れがあるため、はさみはステンレスはさみを使いましょう。

既に破れている場合が多く指で破ける場合がほとんどなのではさみの出番はありませんが、バッテリーによっては先が尖ったモノじゃないと元のシュリンクが剥がせない場合があります。

バッテリーシュリンクのリラップ方法

被膜を破る

皮を剥きましょう。ズルリと、ね。

今回は既に破れかけているので指で破りました。

トゥルトゥルな本体登場。

ボジティブ側(+側)には黒の絶縁体があります。これはとても大事なものなので無くさないようにしてください!

リラップ時に使いますからね。

新しいシュリンクを被せます。

シュリンクの余りは+側も-側も均一に残しています。

好みにもよりますが基本は均一に残してOK

続いてドライヤーで温めます。

ちなみに私はいつも600ワットで温めています。

 

このとき絶縁体がずれちゃうので、先に絶縁体のある+側から温めると後の工程が楽になると思います。

また、折り目が付いてる部分は先に温めて折り目を消してあげると、仕上がりが綺麗になりやすいかな。

私はこのシュリンクが縮みバッテリーにくっつく瞬間が物凄く好きです。

くしゃくしゃーってなるやつね。

 

最後に張り付きが弱かったりしないか確認しましょう。

完成!

Drugaに入れてみます

メカスコ
【Augvape】Druga Squonk Mechanical Box Modレビュー

AUG VAPEから出ているDruga Squonk Mechanical Box Modのレビューです。メカスコデビューにおすすめなスコンカーのひとつです。

うん、良い感じ!

NUDGEはリボンがないからマスキングテープは必須ですな。

バッテリーシュリンクのリラップ方法。やり方と注意点まとめ

バッテリーシュリンクをリラップするといろんなメリットがあります。

 

ポイント

  • オリジナル感が出る
  • 上級者っぽく見える
  • 無駄な事故(ショート)を防げる
  • MODに合わせた着せ替えができる

 

オリジナル感や着せ替えが出来るのも楽しみですが、1番は事故を減らし安全にVAPEを楽しめることじゃないでしょうか。

みなさんも機会があったら是非試してみてください。

 

どんどん沼に入っていくー

ずるずるとー



-VAPE
-,

Copyright© VAPER'S LIFE , 2018 All Rights Reserved.